清六窯について

清六窯は昭和41年に佐賀県有田町に開窯された窯元です。

開窯した故・中村清六氏はろくろ一筋の道を歩み、白磁の曲線美を追求し続けました。

清六窯は現在、清六の薫陶を受けた長女ゑ美こ氏・孫清吾氏に引き継がれています。

ゑ美こ氏は白と藍の調和を目指した和紙染・染付作品を手掛けています。
清吾氏はモダンな造形美あふれる白磁作品を中心に作陶しています。

手作りの温もりと三人三様の思いを宿した個性的な一品を、この機会に是非ご用命賜りますようお願い申し上げます。